風水を考える

厚木の一戸建て住宅の風水を考える

厚木で一戸建て住宅を建てるとき、せっかくならこの一戸建て住宅に住む事で運気を上げたいと、風水を取り入れようと思っていませんか。風水は決して占いではなく、中国三千年、四千年の昔から綿々と続いてきている環境開運学なのです。日本には昔から家相という事が言われてきました。つまり家の相を決めるもので、日本流の風水といえると思います。

厚木の一戸建てについてゆえば、日本では鬼門を気にする風習があります。表鬼門が東北の方位で裏鬼門が西南の方位になります。

ここにはトイレや浴室また台所などの水周りの部屋を配置すると良くないといわれています。昔は現在みたいにセントラルヒーティングやエアコンが完備されてなかったので、冬に冷え込むような場所にトイレや浴室台所を置く事で、身体が急激に冷え込み脳溢血などを発症したり、台所には冷蔵庫の無い時代は余りにも日当たりが良かったり、西日の当たる事で食料品が腐り食中毒を起こす事を警戒したからです。

この様に風水などは理にかなった事が多いのです。しかし後世にまったく根拠のない様なことまで伝えられているので注意する事です。厚木の一戸建て住宅で考慮するとしたら次のような事でしょう。

まず敷地は道路より下っていたら運気が悪いといいますが、これは道路などより雨水が浸入するからです。一戸建て住宅の建設地が道路より下っていたら、水捌けに十分注意して施工することです。また東や南の方位に大きな樹木を植える事もよくありません。お気づきのように一戸建て住宅の日当たりが悪くなり、住む人や家の為にも良くないからです。

家のほぼ中心となる様な所には大きな開口部を設けると運気が上がるとありますが、これは家全体の風通しや日当たりが良くなり人にも住宅にも良い環境をつくるからです。厚木の一戸建て住宅の玄関は、少し広めにゆったりとした広さで、靴などを納めるシューズラックは大きめで全ての靴が収納できる大きさの物を選びましょう。

玄関から良い運気が入ってくると言われているので広めにとって、靴などが散らかったりしていると運気が下るといわれるので、常に綺麗に片付けられるようにしましょう。

各方位によっていろいろ運気について言われている事があります。例えば西に黄色い色を置いたり使ったりすると金運が上がるなどです。これらの事を全て満足させるには大変な事です。信じて住む人や住宅によい環境を作る様な事は取り入れて、そうでないものは取り入れなくても良いのが風水ではないかと思います。”