日当たりについて

厚木の一戸建ての日当たりについて

厚木で一戸建てを購入する時、日当たりを考える人は多いはずです。日当たりがよいかどうかは、一戸建てにとってとても大切な事であるためです。厚木でも住宅密集地などで一戸建てを購入する場合など、日当たりが悪くなってしまう可能性があります。また、南向きでとても明るいと思っていたのに、意外と暗かったりすることもあるのです。厚木で一戸建てを購入する時、それらを見分けるポイントや対策を知っていると、とても便利です。

まず、見分けるポイントですが、一戸建てがある土地の方角をしっかりと測ることが大切です。南の方角が空いていると思っていたら、実は西南だったということもあるのです。

西南だと、昼を過ぎてからの光はよく入りますが、朝はあまり入りにくくなります。最も理想的なのは真南が開けている家ですが、なかなか難しいので、東南も範囲に含むようにしましょう。逆に西に開けていると、朝は暗くて夕方明るいという家になってしまいがちです。

また、街路樹が家の前にある場合は要注意です。北側玄関であれば良いのですが、南、東南玄関の場合、街路樹のために家の中が暗くなってしまうこともあるのです。あまり大きな街路樹がある場合は、考慮するようにしましょう。その他、道が狭く向かいの土地に大きな建物が建っている場合も、南側が道路であっても影になってしまう可能性があります。

では、住宅密集地などで日当たりが悪い場合の対策は、どのようにすればよいのでしょうか。最も良い方法は窓を高めにつけることです。トップライトが最もよいのですが、トップライトはとても高価です。

普通の窓の3倍近くの値段です。

予算がない場合はトップライトではなく、天井付近に窓をもってくるようにして、出来るだけ空に窓の高さを近づけます。

また、縦に長い窓よりも横に細長い窓を天井近くにつけることで、より光を入れやすくなるのです。その他、敷地に余裕があるのなら中庭をつくるという方法もあります。中庭をつくることで家の中に光を入れることが出来るのです。中に落葉樹を植えることで、夏の日差しを遮ることが出来ます。

トップライトをもしもつける場合は、北側につけるようにしましょう。南側だと夏、暑さで大変なことになります。北側から柔らかく光が入るようにすることが大切です。また、トップライトでも、天井近くにつける窓であっても、開け閉めが出来るようにしておくと、風を通すことが出来るので、とても便利です。”