通院日数

交通事故の慰謝料には整骨院への通院日数も含められる

交通事故の被害に遭い怪我をした場合は、治療を行うことが重要です。仮に交通事故直後に痛みが無くても、必ず医師の診察を受けることが必要です。数日後に痛みが発生するケースも有りますし、最悪の場合その痛みが後遺症として残ってしまう場合もあります。大した怪我では無いと思い、その場ですぐに加害者側と話を済ませてしまいますと、後々補償を受けられ無くなってしまいます。交通事故は必ず警察と保険会社に連絡をして、病院を受診することが必要です。

交通事故後には、まず最初に整形外科を受診することになります。整形外科はれっきとした医療機関ですので、医師による診断を受けることが出来ます。もちろん交通事故の被害者でしたら加害者側に、これらの治療費は負担してもらえます。

整形外科での治療で症状が良くなれば良いのですが、場合によっては中々改善されないケースも有ります。その場合は整形外科と併用して整骨院に通うことも良い方法です。整骨院で負担した費用も保険会社に補償してもらえますので、遠慮せずに利用したいです。
ただし場合によっては整骨院を利用することを、保険会社があまり良く思わないケースがあります。なぜならば補償する費用や慰謝料の負担が増える為です。治療回数が増えれば当然治療費も増えますし、慰謝料も通院日数によって異なりますので、保険会社からすれば出来る限り整形外科のみで治療を行ってもらいたいと言うことが本音です。ですので示談交渉の際に整形外科以外での治療を補償の対象として認めないこともあります。整骨院で負担した費用も間違いなく保険会社に請求することが出来ますが、相手の保険会社は交通事故の示談交渉のプロですので、個人だと対等に交渉することは難しいです。その為、出来ればこちらも専門家である弁護士に依頼して交渉を行うようにしたいです。

交渉を有利に進める為には、整形外科で医師に一言伝えてから整骨院に通うようにしたいです。整形外科の医師に、カルテに治療の必要性を記載してもらえれば、慰謝料の請求に関しても有利になります。

交通事故の被害に遭った場合は、治療を最優先で行うことが重要です。その為に必要な治療行為にかかった費用は、すべて加害者側に請求することが可能です。ただし医療機関以外での治療に関しては、度々トラブルが起こることもあります。それを防ぐ為には常に保険会社・医療機関・弁護士と連絡を取って治療を進めることが大切です。