入通院日数

交通事故の慰謝料は入通院日数によって相場が決められる

交通事故の被害に遭った場合は、加害者側から慰謝料を受け取ることになります。慰謝料の金額は採用する基準によって大きく異なりますので、適切な慰謝料を受け取る為にも正確な知識をもっておくことは大切です。

公道を走行する自動車は必ず自賠責保険に加入する必要があります。交通事故が発生した場合でも自賠責保険に加入していれば、一定額までは補償することが出来るためです。自賠責保険では120万円まで補償することが可能で、その中には治療費や休業損害など様々な賠償金が含まれております。自賠責基準による慰謝料の算出方法は、治療期間か入院日数と通院日数を足して二倍した日数のどちらか少ない日数に4,200円をかけた金額となります。

保険会社が支払う損害賠償額の総額が120万円を超える場合は、任意保険基準を採用することになります。任意保険基準では、各保険会社は原則として客観的で妥当な金額を算出することとしていますが、相場よりも低い金額が提示されるケースが多いです。保険会社としては出来る限り支払う保険金額を少なくしたい為に低い金額を提示しているのですが、交通事故の被害者からして見れば決して納得がいくことではありません。その為、交通事故の慰謝料を請求する場合は任意保険基準ではなく必ず弁護士基準を用いるようにしたいです。

弁護士基準は過去の裁判での判例を用いて金額を算出しますので、最も世間一般的に妥当な金額と言えます。ただし、個人でいきなり保険会社に対して弁護士基準で算出した金額を要求したとしても、受け入れられる可能性はかなり低いです。その金額になった根拠を示す必要がありますので、法的な知識やノウハウを持たない個人が保険会社と示談交渉をすることは非常に難しいです。もちろん任意の示談交渉ですので、双方が合意すれば交渉は成立します。ですので、保険会社が提示してきた金額を承諾すれば、その時点で交渉は成立しますので、弁護士に依頼する必要はありません。ただし出来る限り慰謝料の金額を増額させたい場合は、弁護士に依頼することが必要となります。

このように交通事故の被害に遭った場合の慰謝料については、自賠責基準に関しては入通院の日数によって明確に金額が判明しますが、任意保険基準や弁護士基準においても通院日数や入院の有無によって金額が大きく異なります。ただし自賠責基準のように明確な算出方法がある訳ではありませんので、専門家である弁護士の力を借りることが必要となります。