裁判所で解決

弁護士の利用で交通事故を裁判所で解決する人は少ない

交通事故に関連する慰謝料や損害賠償請求の問題解決は、そのほとんどは示談交渉で行われます。示談交渉で勧められていく理由はいくつかありますが、日本国内の統計的なデータで言うと実に9割近くの人が交通事故の案件を処理するときに示談交渉を利用することがわかっています。示談交渉で問題を解決するときにはお互いが納得をする必要がありますが、話し合いで納得をすることが出来ない時には裁判をすることも出来ますので選択肢は一つではないということを知っておきましょう。

交通事故の問題解決を裁判所で行わない人が多い理由は、弁護士によっても異なります。そもそも、交通事故に関連する諸問題について専門的な知識を有している弁護士の数はそれほど多くはありません。弁護士はそれぞれに専門とする得意分野が存在しますので、多くの人はそうした専門分野で大きな業績を上げていることが普通です。交通事故は、多角的な側面から状況を判断して慰謝料や損害賠償の請求をしなくてはならないので、その場の出し方を知らないと相手の言い分をすべて鵜呑みにしてしまう事態にもなりかねません。

特に、交通事故の場合は加害者本人が交渉の場に出てくるのではなく保険会社の人間と交渉しなくてはならないという特殊な側面を持っていますので、議論をする相手は素人ではなく法律のエキスパートであるという前提もしっかりと理解しておく必要があるわけです。

こうした状況で議論を進めていくと、交通事故の示談交渉ではその交渉が非常に長くなってしまうことがあります。長い時には一年近くも交渉で粘る人もいるくらいで、こうした状況を回避するために相手が提示した相場よりも少し小さな金額を飲んでしまう人も多いわけです。事故に巻き込まれた当事者は今すぐにでも治療費や自動車の損壊費用などでお金が必要になる状況ですので、示談交渉の場では保険会社側の言い分を受け入れてしまう人が多いわけです。

結局、被害者側にとっては都合の悪い状況で交渉がスタートするわけですから殆どの人が裁判所まで行かずに示談交渉でお金をもらうことになります。もちろん、そうしたことを気にせずに裁判所まで行って相場以上のお金を相手からもぎ取る人もいます。

交通事故の状況は他のトラブルとは特殊なケースであるため、その前提を理解した上で裁判をするのならば相手を完全に言い負かすことが出来るくらいの客観的な証拠をしっかりと整えておく必要があります。