延床面積

厚木の一戸建てにおける延床面積

厚木での一戸建てを建築する際には、当然ながらその内部のレイアウトなどを気にする人は大勢います。また、そのレイアウトを考える際にはどのくらいの延床面積があるのかなどを考えながら考えていくことになります。

よく一戸建てなどでこの延床面積の大きさを坪という言い方をしています。確かにそちらの方が分かりやすいという面もありますが、役所などで届け出などを行う際には延床面積と言ったら平方メートルで表記されますので、役所などで坪の住宅でと言われても、それが実際に平方メートルなのかを示すように言われることがほとんどです。

厚木などの地域を所管しているこうした役所などでの何らかの申請というのは、登記申請もそうですしまた税金関係でもそうです。固定資産税の関係で市町村の資産税課などでの届け出などでは何坪と言っても通用しません。必ず登記関係の書類に記載されている登記事項証明書、現在事項登録証明書などで確認をされ、そこには坪という表現の仕方はされていませんから、平方メートルという具体的な書き方をされています。

この数字を基に税金などの計算が行われますし、あるいは軽減申請などでもこの平方メートルで決まってくることに注意が必要です。神奈川県から課税される不動産取得税でも同じことが言えますが、こちらでも軽減の申請には床面積を平米で表現されるために、登記関係書類の見方を知っておくことが必要です。

そもそも1坪はおよそ3.3平方メートルで換算ができると考えておけばよいのですが、役所などでは何坪の一戸建てと言われてもおそらくは平方メートルでいくらですかと確認されますから、登記関係の書類にも目を通しといておいたほうがあわてなくても済みます。

厚木ではもともと住宅地が多く、施工した業者あるいは施工した経験がある業者もその数が多いために、彼らが役所での手続きを代行することも多くあります。

こうした一戸建ての述床面積についても業者側がよく把握しているために、彼らを通じて司法書士や行政書士などに依頼して申請を行う方法もあるので、彼らが代行を全部するのであればあえて自分たちがすべてを知っておく必要はないという判断になりえます。

一戸建てで問題となるのは建物だけではなく土地についてもある程度の面積を知っておく必要があります。こうした広さがどの程度なのかによって、税金のみならず建築許可などにも影響を与える可能性がありますから、知っておいて損はない知識と言えます。”