慰謝料計算

交通事故の慰謝料計算には、さまざまな基準があります

ピーク時と比べると発生件数は減っているものの、はまだまだ多く、毎年多くの人が被害に遭っています。誰しも交通事故の当事者にはなりたくないものですが、もし被害者になってしまった場合には、できるだけ早く弁護士に相談することが大切です。

交通事故の被害者になってしまった場合には、相手側に対して、慰謝料を請求することができ、加害者の側や保険会社から慰謝料が提示されることもあります。けれども実際には弁護士に対応を依頼することで、相手側との交渉を有利に進めることができるだけでなく、もっと高額な慰謝料を受け取ることが可能になるからです。これは慰謝料の計算には、自賠責保険と任意保険会社が独自に制定している規準と、さらに判例の蓄積を基に定められている弁護士会の基準の3つがあり、その金額は一律ではないためです。

まず自賠責保険による基準には物損の被害は含まれず、また弁護士会の基準と比較してみると任意保険の基準もかなり低いのが現実です。そのため保険会社が提示してくる金額は、実際にはかなり少額なものといえます。そして判例を元にして決められており、3つの中でいちばん高額なのが、弁護士会の基準によるものであるといえます。

弁護士に交通事故の対応を依頼した場合には、慰謝料の計算もこの基準が使われることになるため、他の基準により支払われる場合よりも、はるかに大きな額を受け取ることができる可能性があります。

交通事故の被害に遭ってしまった場合には、身体が傷付いてしまっているだけでなく、精神的にも大きなダメージを受けてしまうことも少なくありません。そんなときに交通事故の相手側や保険会社との交渉や話し合いを行わなければならないことは、大きな負担になってしまいます。

そんな相手側との話し合いや交渉の場に、弁護士に同席してもらうことで、有利な交渉を行うことが可能になります。相手に対して請求できることや、こちら側が負わなければならない責任なのかどうかという点についても、弁護士からアドバイスを受けることができ、適切な対処ができます。

さらに相手側から支払われる慰謝料の額も、弁護士に対応を依頼することで弁護司会の基準が適用されることになるため、より大きな額を受け取ることができる可能性があります。

もし交通事故の当事者になった場合には、できるだけ早い段階で弁護士のサポートを受け、慰謝料についても弁護士会基準で計算してもらうことで、より多くの補償を受けることが可能になります。

できるだけ早く信頼できる弁護士を見つけ、そのサポートを受けることで、精神的にも安心して交通事故後の対応ができるため、相手側との交渉においてもアドバンテージを握ることができるといえるでしょう。