庭づくりについて

厚木の一戸建てでの庭づくりについて

厚木で一戸建てを購入する時、庭づくりのこともあわせて考えるようにしましょう。注文住宅であっても、分譲住宅であっても、庭造りは購入した人たちの手で行っていく必要があります。

厚木や近辺の造園業者に頼んでもよいですし、自分たちで行ってもよいですが、ある程度のプランやイメージは考えておいた方がよいです。また、自分たちで行う場合も、大きな樹木などは厚木近辺で営業している造園業者の仲介がなければ、購入できない事が多いです。注意するようにしましょう。

一戸建ての庭づくりは、一戸建てとセットで考えていく必要があります。もっとも大切なことはマイホームである一戸建ての窓の位置と、周囲の家の窓の位置です。

窓と窓の間に樹木があれば、視線をさえぎることが出来ますし、緑が窓から見えてとても気持ちがリラックス出来るでしょう。

一戸建てに対して日当たりの関係がない位置、つまり一戸建てと離れていたり、北側であったりする場所には、常緑樹を植えます。フェンスがわりに垣根を植えてもよいです。

しかし、家に近い位置や、日当たりに関係がある南側などには落葉樹を植えるようにしましょう。夏、日差しを遮ってくれますが、冬は葉が落ちるので太陽の光を家の中に入れてくれます。

また、樹木には株立ちと一本立ちがあります。足元から全部見えるのであれば、株立ちのほうが美しい樹木の姿を楽しむことが出来ます。しかし、上の方しか見えない場合は一本立ちの方がよいでしょう。

その他、芝生だけを敷き詰める庭づくりをする人もいるでしょう。この場合は、最初の土壌づくりが何よりも大切です。

水はけをよくするための工事を施した上で土壌をつくり、なるべく高価な芝生を張るようにしましょう。安価な芝生であったり、水はけをよくする工事を行わないで張ってしまうと、すぐ枯れてしまい、翌年また新しく張替えすることになります。また、芝生は手入れがとても大変です。それはしっかり認識しておくようにしましょう。

手入れをあまりしたくない場合は、庭づくりの時、雑草対策としてシートを敷いた上から砂利を敷いておくと、とても便利です。

半永久的にシートは保持されるため、雑草は生えてきません。また、防犯のためにも家の周辺に砂利を敷いておくことはとても良いことなのです。泥棒が入ってきた時、音がするためです。

庭づくりは長い期間を考えて行っていくようにしましょう。植えて終わりでなく、手入れがあります。手入れのしやすい庭にした方が長く楽しむことが出来るでしょう。”