内装を考える

厚木の一戸建ての内装を考える

厚木で一戸建て住宅を建てたら、内装をどうするか楽しみでもあります。いろいろ考えをめぐらせて、自分なりの理想の部屋が出来る事に期待します。最近の厚木の一戸建て住宅の内装の主流は、床がフローリングで壁や天井が壁紙を貼る場合が多い様です。

フローリングはいろいろなメーカーから材質もそれぞれに多種多様にあるので、好みに合わせて選べるでしょう。やや濃い目の色を選び木目を出すと高級感が出ます。予算がある場合は無垢のフローリングを選ぶと、足触りもよく高級感が出ます。厚木の一戸建て用の壁紙は種類が多いので、目移りがしたり迷いが出たりするでしょう。

抗菌加工や脱臭加工や汚れにくく加工したものもあるので、各部屋の用途によって使い分けると良いでしょう。トイレや洗面所のように部屋の狭い場所は、大きな柄や濃い色の壁紙を使うと煩雑な感じがするので、小さな柄の淡い色彩の物を選ぶと良いでしょう。天井は明るい色にすると部屋全体も明るく感じられます。

出来れば防湿性のあるものが良いでしょう。一戸建ての子供部屋は幼児の場合の壁紙は子供の喜ぶような絵柄のものを選んだり、落書きをしても消せるような壁紙が良いでしょう。高学年の子供の場合は、自分で選ばせても良いでしょうが、壁は文字や計算などを書き込んでも消せるような壁紙だと重宝して活用するでしょう。

天井には暗くなると星空が浮かび上がってくる壁紙があるので、この様なものを使うと子供が喜ぶ事でしよう。

子供部屋では遊び心のあるような内装をしてやっても、子供が喜び毎日が楽しくなるでしょう。寝室は一日に疲れを取り熟睡出来るように、落ち着いた色合いで全体をまとめると良いでしょう。静寂で上品な感じにして、家具やカーテンなども同色系にするとなお更落ち着くと思います。

リビングはテレビやオーディオなどの電化製品や、イステーブルやソファなどの家具類と多くの物が入ります。この様な部屋で絵柄の入った壁紙や色の濃い壁紙を選ぶと煩雑でうっとおしい感じになるので、無地の明るい壁紙を壁天井共に使用するようにしましょう。

一戸建ての場合玄関は特に注意しましょう。玄関のシューズラックに花などを飾るスペースがある場合は、出来るだけ無地の明るい壁紙を貼ると花を飾った時に見栄えがします。

壁に絵などを飾っても見栄えがして絵が引き立ちます。厚木の一戸建ての内装は、それぞれ好みがあるとは思いますが、部屋全体に統一性を持たせ、電化製品や家具を入れた場合のバランスを考えて決定する事です。”